コーチングに関して v3

■ この記事をツイートする

リーグ・オブ・レジェンドのシーズン9が始まりました。この度、低レートを脱出したいと思っている勝てないプレイヤーを募集します。

募集項目

  • 無料と有料があります(重要)
  • プラチナを目標とする方
  • 一日2試合以上を目安にランクを回せる方
  • 当ブログをある程度読んで頂いている方
  • そこそこPCのスペックがある方(重要)
  • 回線に問題がない方(超重要)
  • 私から教えた方のサモナー名を公開する事はありません
  • 一度コーチングをして終わり、という形ではなくシーズンを通してゲーム中の行動を改善するコーチングです

募集の方法

ツイッターにてご連絡下さい。その際に、ご自身のOPGGへのリンクを送って下さい。無料か有料どちらを希望かを記載して下さい。

無料と有料の違い

無料と有料で内容に違いはありません。

無料枠は一瞬で埋まります。その後は、有料でもいいから受講したいという方のみ募集しています。

有料の価格は1600円(週)です。原則的にプラチナに到達するまでの期間です。

録画を毎週2回以上観てコーチングを行います。1回につき平均で2~4本です。録画を観るのは、大体1回に40分~1時間程かかります。その際に、私に食事を奢ったと考えて頂きたい価格設定にしています。

別の言い方をすれば、「俺のプレイした録画観てアドバイスして~ご飯ごちそうするから~」という感じです。

良心的な価格設定だと思いますが、「お前に食わす飯はねぇ!」という方はご遠慮ください。

他のコーチングが一回一時間につき1000円~3000円程度である事を考えると、かなり安い価格設定ですが、この価格帯を高いと感じる方は応募しないで下さい。

また今後、価格設定がこれ以上高くなる事があっても、低くなる可能性はありません。

実績に関して

これまで5人の生徒がコーチングによりプラチナへ到達しています。その内、一人はブロンズからダイヤモンドになりました。

コーチングはディスコードを使います。

そのディスコードで、一般募集の生徒がプラチナに到達した当時のリアルタイムのログが全て回覧可能です。

コーチングで実際にプラチナへ到達した実例の記録を回覧可能にしているのは、私が知る限り私のみです(他の方が公開していれば教えて下さい)。

プロフィール

LOLでの私の最高レートはD3です。(2019年7月現在の最高レートはマスターになりました)過去の詳細はプロフィールに記載しています。

コーチングの内容

勝てないプレイヤーは学習した事を、ゲーム中に実践できない、という説を検証すべく、学習の定着に重点を置いてコーチングを行います。学習のフレームワークにはPDCAサイクルを用います。また、自作のソフトウェアを扱います。

 

コーチングをしようと思った経緯

2018年の初頭、自己レートを更新し、ブログも書きたかった事を書いた私は次の目的を模索していました。

そして、4月には仕事の忙しさがピークに達し、とてもランクを回す時間を取れず、ARAMの民へと転職します。

時期同じくして、ノーマルで親しくなったプレイヤーで希望のあったプレイヤーにLOLをちょこちょこ教えていました。

お世辞にもなかなかうまくならない彼らを横目に、なんでうまくならないんだろうか? と疑問に思い始めます。

「教えた事をそのまま実行すればいいだけなんだが・・・」

上記のように思っていました。

実際、彼らに「なんであの時はバロンに行かなかった?」というような質問をしても、「終わってからはそう思うものの、ゲーム中だと正常な判断ができない」という返答をもらう機会が多かったです。

そしてある日、私は一つの結論にたどり着きます。

もしかして、勝てないプレイヤーはLOLが下手というよりも、ゲーム中何も考えてないのでは、と。

衝撃的でした。

過去にも何度かそう思ったものの、まさか~んなことねえだろ、と否定していました。

「おい! 俺たちだって考えてるわ!!」

まぁ考えていたとしても考えた判断が間違ってるから変わりはないんですが。

そこで私は、LOLを教えるというよりも、どうすれば覚えた事を忘れずにいられるのかという学習方法に重点を置きました。

効果は思っていたよりも、早く出ました。

笑えるくらい、早く出ました。

私は仕事で新卒を対象とした人材育成を行う事があるのですが、やはりPDCA最強なのか? と感じました。

思考が明らかに早くなり、明らかにゲーム中の動きが流動的ではなく、計画的になりました。

そんな中、私は次のように思います。

「これ、メソッド化できちゃうんじゃないか?」

学習という事で、個人差は出ましたが結果的に3人の勝てないプレイヤーをプラチナまで上げる事に成功しました。一人は1年半かけてブロンズからダイヤモンドまで駆け上がりました。

1年半というと、とても長く感じますし、実際結構長いのですが、1年半以上遊んでいてプラチナまでいけないプレイヤーはそこそこいるのではないでしょうか。

今回の募集は、そんなプレイヤー向きです。

私の仕事が繁忙期はとても時間を取れない場合があるので、募集は2,3人程度で締め切る予定です。

興味がある方は、ツイッターにてお声がけ下さい。

余談ですが、PDCAは人材育成においてのクラシックの位置に定着しつつある方法です。ビジネスや人材育成の場においては、基本的にPDCAか、その派生を用いてる事が多いのではないでしょうか。もし興味のある方は、以下の著書がおすすめです。

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記をクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

■ この記事をツイートする

■ 他の League of Legends のウェブサイトを見に行く